お仕事のご依頼などはContactよりお願い致します。

© 2012 Daisuke Takakura, All rights reserved.

loop pieta #6 dance studio (2019)
information
▶︎【Solo Exhibition

PUBLICIS WALL GALLERY 02

「ひろがれ、わたしのロンド」

featuring 高倉大輔

2019.11.01(FRI)-11.29(FRI)

 

10:00-17:30 ※入場無料・予約不要 (※土日祝休み、平日のみご覧いただけますのでご注意ください)

 

「PUBLICIS WALL GALLERY」第2回は、写真家・高倉大輔による作品展示とワークショップを開催いたします。

高倉大輔は立教大学を卒業後、演劇活動と並行してグラフィックデザインに携わり、

現在は物語を通じて演劇的な手法を用いた写真作品を国内外で発表する注目のアーティストです。

彼の写真の中で交差するひとりの人間の様々な表情や時間軸は、観賞者の写真に対する固定観念を覆します。

今回は近作「loop pieta」、代表作「monodramatic」より撮り下ろしの新作数点を展示。

ワークショップでは、参加者一人ひとりと高倉大輔が対話をしながら、参加者に「monodramatic」の世界を体験していただく「写真家とつくるオリジナルポートレイトセッション」も開催いたします。

作品は高倉自身がその場で仕上げ、データとしてお持ち帰りいただけるうえ、自由にご使用いただけます。

SNSプロフィール写真として使うも、印刷してご自宅に飾るもよし。

一枚の写真の中に参加者ご自身が複数存在するという、

高倉の作品世界に直接触れることができるこの貴重な機会をぜひご体験ください。

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

2019.11.1(金)-11.29(金) 10:00-17:30 ※入場無料・予約不要 (※土日祝休み)

[会場] beacon communications 12F 総合受付横スペース 

    (東京都品川区上大崎3-1-1 JR東急目黒ビル 12F)

 

ワークショップ

「写真家とつくるオリジナルポートレイトセッション」

2019.11.22(金)19:00-21:00 ※参加費無料・要予約

先着10名限定(専用フォームより必要事項を記載の上お申込ください。)

https://docs.google.com/forms/d/12eerM-Gd5bXDjSbCzt_PH7dYXAjQUK88E-Rws9KqH54/edit

[会場] beacon communications 14F NEW BUSINESS WORKSHOP

 

アーティストプロフィール

高倉大輔(たかくら だいすけ)

東京在住。TEZUKAYAMA GALLERY 所属。2002年立教大学法学部卒。演劇活動と並行してグラフィックデザインに携わり、2010年ごろから写真を使った作品作りを始める。 物語を通じて演劇的な手法を用いた写真作品を制作する。

www.casane.jp

 

 

PUBLICIS WALL GALLERY

beacon communications、MSL JAPAN、Saatchi & Saatchi TOKYOをはじめとするPUBLICIS GRUOPE JAPANの総合受付にあたる東急目黒ビル 12Fの一角を展示スペースとしたギャラリーです。

PWGは「1MONTH, 1ARTIST, 1EXHIBITION, 1WORKSHOP」をコンセプトとして、1ヶ月間に1人もしくは1組のアーティストによる展示と、期間中、同アーティストによる関連したワークショップを1度開催する、作品への多角的な視点を与えるクリエイティブスペースです。

 

東京都品川区上大崎3-1-1 JR 東急目黒ビル12F

営業時間:10:00-17:30 ※6月~9月の金曜日は15:00 close 

定休日:土・日・祝祭日

お問い合わせ:yuichiro.ito@beaconcom.co.jp

https://www.pinterest.jp/publiciswallgallery/

 

https://www.beaconcom.jp/

https://www.facebook.com/beaconcom/

https://www.instagram.com/publicisjapan/?hl=ja

▶︎Group Exhibition

SOU-JR総持寺駅アートプロジェクト

第4回展示『時の戯れ』@ JR総持寺駅改札前自由通路壁面(大阪)

2019年9月29日ー2020年3月末

https://www.sou-art.com/

▶︎【Published】
European Photography #105 -40years Anniversary issue-(ドイツ)に"loose polyhedron"シリーズより4点を4ページに渡り掲載していただきました。
https://equivalence-shop.com/European-Photography-Magazine
▶︎【Group Exhibition】終了致しました。ありがとうございました!
SONY IMAGING GALLERY 5周年記念作品展 "Next Generation" Part1に参加致します。
SONY IMAGING GALLERY 5周年記念作品展 "Next Generation" Part1
【展示期間】2019年7月12日(金)~7月25日(木)
【展示時間】11:00~19:00
【定休日】なし(銀座プレイス休館日を除く)
【入場料】無料
 
https://www.sony.co.jp/united/imaging/gallery/detail/190712/

▶︎【Solo Exhibiton】終了致しました。ありがとうございました!

奈良の登録有形文化財である築100年の町屋「奈良町にぎわいの家」にて、monodramaticシリーズより3点を展示させていただきます。

奈良町にぎわいの家 つし二階アート企画 vol.18
「monodramatic」

http://naramachi-nigiwainoie.jp

2019年6月6日(木) – 7月2日(火)

OPEN: 9:00 – 17:00
CLOSED: 水曜日

主催: 奈良町にぎわいの家
協力: アワガミファクトリー
キュレーション: 内田千恵
コーディネート: 一般社団法人はなまる

会場 | 奈良町にぎわいの家つし二階, 奈良
https://goo.gl/maps/CM2xJ12AvjQWxWcx5

▶︎【Solo Exhibiton】終了致しました。ありがとうございました!展示の様子はこちらから

 

5/10(金)より大阪のTEZUKAYAMA GALLERYにて3年ぶりの個展"cleresoty"を開催させていただきます。
 
最近の環境や心境の大きな変化に伴い制作してきた、ミケランジェロのピエタをモチーフとし円環する家族の血や自分の生をテーマにした"loop pieta"、植物と静脈からインスピレーションを受けた"vein"の作品群、そして人の多面性や可能性を演劇的に表現する代表シリーズ"monodramatic"を展示致します。

※clerestory:クリアストーリーとは建築用語で、特に教会建築では側壁上部に位置し、光や空気を取り入れ、祭壇部分であるアプスと呼ばれる場所には陰を落とす、高窓(採光窓)のことを意味する言葉です。
 
TEZUKAYAMA GALLERY exhibitionページ
 
展示初日の5/10 18:00からはどなたでもご参加可能なオープニングレセプションも行いますので、ぜひ遊びにいらしてください!
僕は5/10、11日に在廊予定で、展示期間中少なくとももう一度くらいは在廊できればと思っていますので、また予定がわかりましたらお伝えさせていただきます。
 
展示期間中には本展のために制作されるカタログが無料配布される予定です。こちらにはトモ・コスガさんによる寄稿も掲載予定ですので、ぜひ楽しみにしていただければと思います。
 
トモ・コスガさん
▷深瀬昌久アーカイブス 創設者兼ディレクターアートプロデューサー。著者に「Masahisa Fukase」(日英仏各言語出版)。
http://masahisafukase.com
 
- - - - - - - - - -
 
髙倉大輔 個展
 
"clerestory"

 

@TEZUKAYAMA GALLERY ▷ MAP
2019.05.10(金) - 2019.06.01(土)
OPENING PARTY : 5月10日 (金) | 18:00 -
OPEN : 火 - 土 | 12:00 - 19:00
CLOSED : 日曜日、月曜日

 

▶︎ほぼ日刊イトイ新聞「いまも、いつもさみしい? ARE YOU ALWAYS LONELY?」vol.1 最上もがさんの撮影をさせていただきました。
 
▶︎CP+2019のキービジュアルを担当させていただきました。▷作品
 『CP+ (シーピープラス)2019』@パシフィコ横浜
 2019年2月28日(木)〜3月3日(日)開催
 http://www.cpplus.jpe
▶︎2/3付でイタリアの新聞「la Repubblica」 文化欄「ROBINSON」のコーナーに”monodramatic”シリーズの写真を数点使用した、現代社会における社会的、心理的問題、
 特に身振りの連続性や人間の行動の多様性を扱った記事が掲載されました。
▶︎「SHOOTING PHOTOGRAPHER + RETOUCHER FILE 2019」に掲載していただいております。
 B5判・全608ページ・定価2,900円(税別)
 https://amzn.to/2AxIBak
 https://shooting-mag.jp/news-report/883/
▶︎The secret 2018 (@リコーイメージングスクエア銀座 ギャラリーA.W.P )に参加しております。 ​
 2018.11.21(水)~12.16(日)  入場料:500円
 http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/community/squareginza/schedule/event_detail_57.html
▶︎SHIBUYA STYLE vol.12 (@西武渋谷店 B館8階=美術画廊・オルタナテイブスペース・アートショップ)に参加致しました。
 2018.11.27(火)−12.9(日)
▶︎fotofever 2018@ Carrousel du Louvre(パリ、フランス)​にてTEZUYAKAYAMA GALLERYよりソロショーで参加致しました。
 08-11.NOV.2018 http://www.fotofever.com ▷ 展示の様子
▶︎Review Santa Fe(サンタフェ、ニューメキシコ)に参加致しました。
 17-21.Oct.2018 https://visitcenter.org
▶︎イタリアのライフスタイルマガジン『The Good Life Italia』"THE GOOD PICTURES"に作品と記事が8ページに渡り掲載されています。http://www.thegoodlifeitalia.com
▶︎『新潮45 2018年7月号』(新潮社)"写真家は写真でかく語る"のコーナーにて、トモ・コスガさんに取材をしていただき、「閉幕のない独演写真劇場」というタイトルにて記事と作品を4ページに渡り掲載されています。http://www.shinchosha.co.jp/shincho45/