お仕事のご依頼などはContactよりお願い致します。

© 2012 Daisuke Takakura, All rights reserved.

loose polyhedron (2016-)

loose polyhedron

 

“loose polyhedron” is a series of works imagined as a “typology of emotions.” Here, he has had his subjects complete a polygonal emotional balance chart, then visualized those results by synthesizing photos of their emotions into  unique portraits.This balance chart shows how the balance of joy, anger, sadness, joy, natural state emotions appears in the everyday in a balanced way. These five emotions were chosen based on Japanese words [KI DO AI RAKU]. 【KI DO AI RAKU】 categorized emotions of people into four large. There are five emotions with a flat emotion [SU] there is a pentagonal balance chart.

 

People are listed in order from left to right in the order of [KI = pleasure] [DO = anger] [SU = flat] [AI = sorrow] [RAKU = delight]. The level of each emotion is reflected in the distance from the lens of the model.

 

From this series you can see various facial expressions, multifacetedness, suppressed feelings of one person. Sometimes there are emotions that conflict inside of you. In addition, this series attempts to express [emotional typology] by deciding format. From this series you can also sea what people have with their emotions.

In addition, the splendor that people who are given a script named emotion expresses emotion vividly emerges.

 

“loose polyhedron”は感情のタイポロジーとしてイメージされたシリーズである。

事前リサーチにより作成された五角形の感情バランスチャートを基に撮影が進められ、それらが一枚のポートレート作品としてまとめられている。

このバランスチャートは、喜び、怒り、悲しみ、喜び、自然な状態の感情がどのようなバランスで日常の中に現れているかを表す。この五つの感情は日本の言葉である【喜怒哀楽】を基に選ばれたものです。【喜怒哀楽】は人が持つ感情を大きく四つに分類したもので、そこに【素】の状態を加えた五つの感情が五角形のバランスチャートになっている。

 

写真の中には、左から[喜=pleasure][怒=anger][素=flat][哀=sorrow][楽=delight]の順で人物が並ぶ。各感情のレベルは、モデルのレンズからの距離に反映されている。

 

このシリーズはフォーマットを決めることにより、[感情のタイポロジー]の表現を試ると同時に、一人の人間が持つ様々な表情、多面性、抑圧された感情、そして時には一人の中で衝突する感情を表現している。

そこからは被写体になった人々がそれぞれの感情に対してどんなイメージを持っているのかということを読み取ることも出来る。感情という名の台本を与えられた人々が活き活きと感情表現をする素晴らしさもまたそこに立ち現れる。